受験希望の子

家庭教師を頼むお子さんのもう一つの特徴は、受験対策、志望校対策をするために家庭教師を雇うと言うものです。 具体的には、このようなケースがあげられます。

まず一つ目は、特に苦手な科目は無いものの、志望校の傾向や対策を知りたい、強化しておくべき科目を知りたいと言うお子さんです。 この場合は親御さんだけではなく、本人の意思で家庭教師を望むと言う場合も多く、自分に合っている家庭教師をお子さんが決めると言う場合も、よくある話です。 自分が志望校に近づくことが出来るために必要な部分を教えてもらうために、家庭教師を雇うと言う傾向があるでしょう。

二つ目は、実力を全体的に底上げし、内申点をアップさせる目的で家庭教師を雇うという物です。 勉強自体が基本的に苦手か、普通のレベルで、受験が近付いてきたものの、自分一人の力では内申点を上げていくことすら難しいと考えて、家庭教師を雇うと言うケースが多いと言えるでしょう。 この場合は全科目総当たりをする方もいれば、苦手科目のみを家庭教師で教えてもらうと言うケースがあるようです。 このように、受験対策のために、塾ではなく家庭教師を選択するお子さんも多く、親御さんと相談して、自発的に頼みたいと志願するような子もいると言われています。